小地球内のゆらぎ現象と音楽療法[2018.05.07]

小地球内のゆらぎ現象(心拍リズムのゆらぎ)と音楽療法

  後藤幸生

 drgotoゆらぎ’といえば地震を連想する。地震は地球を構成する岩盤の突然の歪みとその修復現象である。その地球上で生きる私たち人間は一つ小地球であると云っても過言ではない。何故なら、人間という一つの小地球内に生じた同様の歪み現象(病気など)は、健康ならば自らが有する体内調整機能(自律神経機能やホルモン、免疫など)でそれなりに修復しており、その姿は様々の体内ゆらぎ現象、例えば脳波や心臓リズムといった‘ゆらぎ現象’に見られる。それ故に健康かどうかや生命力如何を簡単にスクリーニングするため心電図や血液検査は診療現場では欠かせない。しかしこのゆらぎ現象の測定を特定の場所で大型の高価な機器を用いずとも心電図測定なら比較的簡単に実施できる。ここで云いたい‘ゆらぎ測定’は心電図そのものではなく、その心電図に見られるRR間隔時間つまりこの1拍毎の時間の長さを1/1000 秒単位の細かさで測定し、これを次々縦に並べて頂上を繋ぐと、一つの上下に変動する波形を形成する(これを心拍変動という)が、この心拍変動は心電計がなくても、手の平サイズの小さなメモリー心拍計を腰の辺りに付けておけば、どんな所でも、また例え動いていても連続測定可能である。筆者が注目したのは、その測定された心拍変動の‘ゆらぎ解析とその分析法’である。

 従来からその解析結果の利用は交感神経と副交感神経機能の2つのみでというのが一般的であったが、実際には生体内ではもっと複雑な調節メカニズムが働いているので、私はもっと多方面からの‘バランス点’をもって私達小地球内の修復機能を より深くより詳しく分析するため、一つのヒントにした現象がある。それは小地球の親元つまり地球自然界の音波つまり‘森林を吹き抜ける風の音’‘そこで流れる小川のせせらぎ’‘海辺での繰り返すさざなみ音’などなどの環境下に静かに身をおくと‘気持ちが癒され’‘心地よい気分’になる。これは一体どういうことか?われわれ動物と共にこの地球上に生きる植物、樹木も、この自然界の音を聴いてなびき、成長し花を咲かせている。動物の体内にも当然何らかの変化が生じていることになる。つまり前述したように生体内ゆらぎ現象が上記のような自然界の音波のようなゆらぎ方(この中で最もバランスのとれたゆらぎ方を‘1/f ゆらぎ’と云い、45度のベキスペクトルの傾き波形を示す)になっているからであるという物理学者の説明は十分納得できる話である。前述の様に、ヒトの身体は一つの小地球、そして親元である地球の中で生きているからには地震台風など自然現象に悩まされることもあるが、悪いことだけではなく季節によっては明るい春先など、各種の植物が花を咲かせて‘こころ’を和ませてくれる。この様に自然界の一員として生きている人間は見たり聴いたり嗅いだり味わったり肌で感じたりといったいわゆる五感を介していやでも体内に入ってくるこれら情報信号を先ずは脳がその内部各部署で受け取って前頭前野が取りまとめバランスを調整したうえで、各種の伝達系を介して体全体、とりわけ生命そのものとして休むことなく動きつづけている心臓にも伝達している。従ってその心臓の拍動リズムのゆらぎ方に これら脳からの情報がどの様に影響しているのかを分析するのが健康や生命力の強弱などを科学的に知るための最も理に適った手法であるということになる。

 ここで注目して欲しいのは、このような心身両面にわたる外界の影響の中で、数値化することが不可能であった‘こころの動き’を読み取れる1/f ゆらぎ周波数解析法を用いたこれまで研究である。そして人工音波(音楽)の場合でも、耳で聴こえるそのリズム波形を解析し分析することによって例え無意識状態であっても、音楽療法が‘こころ’と‘からだ’の両面にどのような影響・効果をもたらすのかを今回一冊の本に纏めて学樹書店より出版することになった。その書名は「図説 音楽療法–リズムとバランス–McT リハビリ脳活療法」である。その内容の一部であるが、病気や災害交通事故で寝たきりからの回復途上にある脳障害者、そして少子高齢化時代における高齢認知症や這いずるだけの発達障害幼児のリハビリ・介護・福祉関係など健康に関する諸問題も取りあげた。前述のようにこの自然界に生きる植物・樹木でも、時には強い風でゆすられて動いているわけだから、二足歩行運動ができなくなったヒトに対しても、従来の気持ちを和ませ、連帯感を生む音楽療法の良さに加えて、自らの体も動かすトランポリン上下運動をその合間に取り入れ、総合的に脳を活性化させる音楽療法(音楽トランポリン運動療法:McT 療法)を著した本で、日常何事も刺激やリラックスonly ではなく、この両者を組み合わせることによって、音楽療法の対象も拡大でき、結局は人間本来の 起立二足歩行に向かわせることになる。また同時に無言で体内から常に発っしている上記心電情報を検出してあげて、今まで不可能だったその‘こころ’を読み取ってあげて、随時対処できることを可能にした「バランス指数」の説明、そしてまた ‘からだ’ の面も含めたバランス調節具合を一つの五角形のレーダーチャート式の図形で示したり‘健康偏差値’といった学業成績なみの数値で示したりして、音楽療法の影響や効果さらには健康レベル、生命力まで知ることができるようになったことを本書で解説されていることを参考までにつけ加えさせていただいた。

▲▼▲▼▲
「図説 音楽療法」は近日発売予定です。