《精神医学の基盤》第2期

第一線エキスパートによる渾身の論考を集成!


 精神医学の基盤》第2期 企画進行中 dryamawaki
[総合テーマ]  Foundations of Psychiatry 精神医学の科学的基盤

総監修 山脇成人

広島大学特任教授/脳・こころ・感性科学研究センター長/日本脳科学関連学会連合(脳科連)代表/日本学術会議第二部会員・脳とこころ分科会委員長/革新的イノベーション創出事業(COI)・感性イノベーション拠点研究リーダー/脳科学研究戦略推進プログラム(脳プロ)・うつ病研究拠点チームリーダー

drkanba

総監修 神庭信重
九州大学名誉教授/公益社団法人
日本精神神経学会理事長/一般社団法人日本うつ病センター理事長

 

《精神医学の基盤》[4]精神医学における科学的基盤 (責任編集者 加藤忠史、理化学研究所)
《精神医学の基盤》[5]精神医学における仮説の形成と検証 (責任編集者 大森哲郎、徳島大学)
《精神医学の基盤》[6]精神科領域の疫学と臨床試験 (責任編集者 古川壽亮[京都大学]/川上憲人[東京大学])

093-02

《精神医学の基盤》[4]精神医学における科学的基盤  (責任編集者 加藤忠史、理化学研究所)

drkato

加藤忠史(責任編集)

様々な領域における「精神医学の基盤」を射程に、それぞれの領域に詳しい先生方、精神医学との接点をお持ちの先生方に論じていただけるとよいのではないかと考えています。「精神医学の科学哲学」に関して言うと、科学哲学においてPopper, K.R.が提起したような、ハードサイエンスではない部分の問題点、すなわち科学というもののあり方を考える視点から書いていただく論文を想定しています。精神医学がどこまでハードな、因果関係のある科学として成立し得るのか、という議論を取り挙げてみたいと考えました。(責任編集者 加藤忠史

 

目 次

精神医学におけるM科学とP科学 ― 歴史から行く末を占う
榊原英輔(東京大学)

精神疾患に本質はあるのか ― 精神医学は精神疾患の本質に迫ろうとするが、そもそも精神疾患に“本質”はあるのか? 
植野仙経,村井俊哉(京都大学)

発達心理学と精神医学 ― 乳幼児の精神発達理論と最近の神経科学の進歩は精神医学を変えるのか
神尾陽子(お茶の水女子大学)

special2s

編集会議

ゲノムと精神医学 ― 精神疾患のゲノム基盤と遺伝環境相互作用解明はどのようにして精神医学にイノベーションをもたらすか
久島周,尾崎紀夫(名古屋大学)

神経病理学と精神医学 ― 百年前、墓場と言われた神経病理学が今精神医学のフロンティアになろうとしている 
河上緒(東京都健康長寿医療センター)

神経生物学と精神医学 ― 精神疾患を神経細胞のレベルでとらえることは可能なのか
久保健一郎(慶應義塾大学)

神経薬理学と精神医学 ― 新薬の未来が見えない今、1950年代に勃興した神経精神薬理学は何処に向かうのか 
竹林実(熊本大学)

創薬科学と精神医学 ― 創薬科学は精神疾患の画期的な治療薬を生み出すことができるか? 
松本光之(アステラス製薬)

心理学と精神医学 ― 今後の精神医学において心理学や精神分析が果たす役割は何か
池田暁史(文教大学)

エビデンスの政治学 ― 科学の知と当事者の知の架橋に向けて  
狩野祐人,北中淳子(慶應義塾大学)

計算神経科学と精神医学 ― 情報の観点から精神疾患を見る
宗田卓史(東京医科歯科大学),国里愛彦(専修大学),片平健太郎(名古屋大学),沖村宰(慶應義塾大学),山下祐一(国立精神・神経医療研究センター)

脳画像は精神を明らかにできるか ― 意識(主観的体験)の科学は何を明らかにして、どこに向かおうとしているのか
高畑圭輔(放射線医学総合研究所)

精神療法の脳科学的基盤 ― 脳科学は、精神療法のメカニズムにも迫ろうとしている
横山仁史,岡本泰昌(広島大学)

神経生理学と精神医学 ― 脳波、誘発電位、そしてγ振動と、精神疾患の原因に迫りつつある生理学の現状 
平野昭吾,平野羊嗣,鬼塚俊明(九州大学)

精神疾患に迫る先端技術 ― 次々と開発される神経科学の先端技術は精神医学を変えるのか 
西山潤(Duke-NUS Medical School)

093-02


《精神医学の基盤》[第1期]

[1] 薬物療法を精神病理学的視点から考える
責任編集 石郷岡純/加藤敏 (4000円+税)
[2] う つ 病 診 療 の 論 理 と 倫 理
責任編集 田島治/張賢徳 (4000円+税)
[3] 精神医学におけるスペクトラムの思想
責任編集 村井俊哉/村松太郎 (5000円+税)