精神医学系

 9784906502509s

POWERMOOK 精神医学の基盤[1]
薬物療法を精神病理学的視点から考える
石郷岡純/加藤敏=責任編集
[B5判/229頁/定価4000+税 978-4-906502-50-9] 「抄録」はこちら
対談「薬物療法の進歩と精神病理学の展開」(石郷岡純×加藤 敏)/「遺伝子-言語複合体」としての人間に対する薬物療法を考える(加藤 敏)/薬物療法と精神病理学(石原 孝二)/薬物療法の進歩に精神病理学はいかに寄与したか(兼本 浩祐)/操作的診断カテゴリーと疾病概念の齟齬 ― 治療学との関連性をどう考えるか(大野 裕)/統合失調症の薬物療法における精神病理学的意義(福田 正人)/ うつ病の薬物療法における精神病理学的意義(田島 治)/薬物療法の前提としての双極性障害の精神病理学(阿部 隆明)/不安障害の薬物療法における精神病理学的意義 ― 神経症概念の治療学的有用性(越野 好文)/児童・思春期の薬物療法における発達心理学的意義(岡田 俊)/精神病理学・症候学的視点から高齢者の薬物療法を考える(萩原 徹也・天野 直二)/精神病理学的視点から見た統合失調症の回復と治療(鈴木 國史)/薬物療法における回復論再考 ― ドパミン神経系のレジリアンスにおける役割の重要性を通して(石郷岡 純)/なぜドパミンD2 受容体遮断薬は抗精神病薬となりうるのか?(渡邉 衡一郎)/モノアミン増強薬はなぜ抗うつ薬となるのか(稲田 健)/精神科治療におけるレジリアンスの思想(小林 聡幸)/精神病理学の今後の可能(性村井 俊哉)/コラム:精神医学における仮説の構築と検証(森田邦久)/エッセイ= 松下正明、濱中淑彦、Luc Ciompi/協賛企画= Clozapineの導入と日本の精神科医療(藤井康男、藤田潔、琉球病院多職種チーム)


9784906502516s

POWERMOOK 精神医学の基盤[2]
うつ病診療の論理と倫理
田島治/張賢徳=責任編集
[B5判/208頁/定価4000円+税 ISBN978-4-906502-51-6] 抄録はこちら
対談「最近のうつ病診療の傾向をどう考えるか」(田島治/張】賢徳)/徹底討論 うつ病の理解と抗うつ薬の適切な使い方 過去・現在・未来(樋口輝彦/神庭重信/張賢徳)   I うつの論理  今日のうつ病診療における問題点と課題(松浪克文)/うつ病の論理と倫理 医療人類学的視点から(北中淳子)/マスメディアとうつ病(岩波明)/ II 診断の論理と倫理 うつ病診断・治療の論理と倫理 過剰診断の問題,過少診断の問題( 張 賢徳)/臨床精神病理学的視点から見たうつ病の診断学( 古茶大樹)/III うつ病治療の論理,実践,展望  今日のうつ病診療における課題と展望(中村 純)/日常診療におけるうつ病(1)プライマリケア医の立場からの実践的治療論(井出広幸)/日常診療におけるうつ病(2)総合病院から本物のうつ病を再考する(大坪天平)/日常診療におけるうつ病(3)労働者のメンタルヘルスケアの視点 ( 桂川修一/黒木宣夫)/薬物療法の効果とリスク―抗うつ薬の有効性と安全性をどう評価するか(仙波純一)/うつ病の精神療法再考( 中村 敬)うつ病に対するneuromodulation(高宮彰紘/鬼頭伸輔)/開発中の抗うつ薬と今後の薬物療法の展望(竹林 実/山脇成人)/◆コラム: フーコーと精神医学(栗原 仁)/◆シリーズ: 日本の精神科医療 エキスパートに聞く(2):治療に難渋するうつ状態の診断と寛解への次の一手(加藤正樹)


新・精神病理学総論 人間存在の全体
K ヤスパース/山岸 洋[解説・訳」
[四六判/並製/390頁/定価4000円+税/ISBN978-4906502394]
 今日、精神医学は、おそろしい停滞の状況の中にある。医療現場に身を置く医師として、他の医学分野の急速な進歩からはほとんど縁のない地点に足止めされているような感覚を私たちは味わっている。私たちの目の前には、私が医師になったころと本質的には何も変わらぬ状況が広がっている(もちろんそうは感じていない能天気な人たちもいる。それだけに精神医学の危機は根深いのである)。その目の前にあるものは私が医師になる前にも長くほとんど同じままであったのである。私たちは、一九九〇年代以降、脳の機能についての生物学的研究のすばらしい進歩に目を奪われていたのだったが、しかしそこからの成果によって私たちの臨床が三〇年前と比べてどれだけ変化したと言えるのだろうか。精神科診断の国際化と操作的基準導入のために精神科医の莫大な労力が投入されているが、それは患者や社会にどれだけの利益をもたらしたのだろうか。新たな抗精神病薬と抗うつ薬の導入が次々とおこなわれてきたが、私たちはむしろ無定見な処方を、こともあろうか医学の素人からさえ指摘される時代に直面している。精神科医の仕事のあり方全般に対しても、社会の一部から厳しい批判が巻き起こりつつある。
 精神医学は、着実な科学的進歩という面で、明らかにこの一世紀にわたってヤスパースの時代に抱かれていた期待を裏切りつづけてきた。つまり、「総論」という書に記された各論的部分において、精神医学は当時のままに留まっている。では「総論」の総論的な部分であるこの第六部に述べられていることは、この精神科医療の停滞した今日の状況をいかなる意味において変える力を持っているのだろうか。

立ち読みPDF(訳者解題)


基盤としての情動 フラクタル感情論理の構想
ルック・チオンピ/山岸洋・野間俊一・菅原圭悟・松本雅彦訳
[A5判/並製/432頁/税込定価5000円+税/ISBN4-906502-29-6]
感情論理』の発表から20余年、さらなる円熟をきわめ、21世紀における新たな心的モデルの試論として結実した決定版。「思考および行動に対する情動の作用」を徹底的に解明する。精神医学界はもとより、教育、心理、哲学など、さまざまな領域に衝撃を与えた『感情論理』の発表から20余年、著者の思想はさらなる円熟をきわめ、21世紀における新たな心的モデルの試論として結実した。「思考および行動に対する情動の作用」を標的とする本書は、システム論、発生的認識論といった古典的なアプローチから、最新の生物学的知見や科学基礎論にいたる重要な概念を援用しつつ、心的現象に関する徹底的な解明を試みる。精神分析、文学作品の解読から歴史的事実へ、日常の事象から精神病理現象へ、あるいは個人的体験から集団の心理学的事象へと、さまざまな領域を縦横に交錯させながら、緻密に構築されるフラクタル感情論理の構想。不安、怒り、悲しみ、喜び、快の状況下で、内的世界はいかなる展開を示すものなのか。感情と理性の平衡が失われたとき、「狂い」をもたらすものは何なのか。集団レヴェルで認められる情動の伝染の背後にはいかなるメカニズムが存在するのか。感情の定量化や類型化ますます日常化しつつある今日、本書で提示される諸問題への取り組みは、将来の精神医学、心理学、哲学をはじめ、あらゆる精神の諸科学が進む方向に、強固な理論的基盤を提供することだろう。


妄想とパースペクティヴ性 認識の監獄
ブランケンブルク/編山岸洋・野間俊一・和田信[共訳]
A5判/並製/定価3500円+税  4-906502-26-1
先年に没した編著者ブランケンブルクは、ヨーロッパの精神病理学界はもとより、日本の精神病理学者や哲学研究者にも、数回の来日や交流をとおして大きな影響を与えてきた碩学として知られている。本書はブランケンブルクのもとに結集したドイツ語圏の主要な精神病理学者たちが、「パースペクティヴ性」という新たな概念を援用しながら「妄想」の解明を試みた記念碑的論文集である。パースペクティヴの可能性や能力は妄想においてどのように損なわれているのか、そしてこのことは妄想体験を理解する際にどのような意味をもっているのか、さらには妄想的でない関係はいかにして成立可能なのか、といった問題に迫る重厚な諸論考に、読者は精神病理学の新たな展開を読み取ることだろう。「パースペクティヴというものは、一方において、人間に対する個人の体験が交換不可能であることを保証しており、その意味で個々のパースペクティヴは独自性をもっている。他方において、われわれは、いかなるパースペクティヴをもとうとも、つねにわれわれに共通の一つの世界のうちに生きていかざるをえない。パースペクティヴ性において、この両方のことがらは相互に媒介されているのである。……したがって、妄想的な体験と妄想的でない体験のそれぞれの構築を相互に対比しながら正確に把握しようとするのであれば、パースペクティヴ性のモデル以上に好都合な出発点はないと言ってよいだろう。」目次 緒言、パースペクティヴ性と妄想(ブランケンブルク)人間的な営為としての出会い、出会いの障害としての妄想―パースペクティヴ引き受けの精神病理(フォン・バイヤー) パースペクティヴ性の病理(グラッツェル)変容した覚醒意識状態としての妄想(シャルフェッター) 妄想と自己 — 獣化妄想の例に見られた自己像の一次元的な歪み(クノル)同一性理論から見たメランコリー性妄想(クラウス)精神療法の観点から見た妄想(ベネデッティ)相互作用的現象としての妄想(ヴィンクラー)妄想治療の現存在分析的側面と精神薬理学的側面:完全に対立するかに見える二つの治療法の接近へ向けて(クーン)/結語 — パースペクティヴ性 vs.パースペクティヴ主義:パースペクティヴ可動性不足の病理からその治療へ(ブランケンブルク)


精神医学の構造力動的基礎
ヤンツァーリク/岩井一正/古城慶子/西谷勝冶
[A5判/上製/500頁/定価¥6500円+税 ISBN4-906502-06-7]
著者はヤスパース、シュナイダーの流れを汲む元ハイデルベルク大学の精神科医として、また今日の精神病理学会の重鎮的存在として知られる人物である。本書は精神病理学における臨床的な疑問に対して、ヤスパースやシュナイダーの記述精神病理学からは満足のゆく解答を得られなかったという著者が、30年以上にわたり取り組んできた独自の探求の大いなる成果といえよう。すなわち、人間精神の全体論的把握を目指す著者は、昨今の生物学的還元主義からも、哲学的・人間学的精神医学からも一定の距離を保ちつつ、精神病理学の第3の道を開拓するための「構造力動論」の壮大なる試論を本書において提言する。ロマン主義精神医学に由来する「力動」の概念、心的拡がりを把握するための構造の概念。この両概念の相互連関を追及することによってはじめて、「心的場」における全体としての精神の機能が理解され、心身の概念は比類のない深化を達成することができる。本書には、構造力動論の成立過程をも含めて、その理論展開のエッセンスが清澄な記述で凝縮されており、読者はあらためて著者の圧倒的な炯眼に瞠目するに違いない。
著者の思想は従来とかく難解とみなされがちであったが、円熟をきわめた一つの理論体系として完成された本書には、難解さよりもむしろ理路整然とした明快さが前景に現れている。21世紀の精神病理学の一つの可能性を暗示する示唆に富む名著といえよう。