POWER M《精神医学の基盤》の構想とUPDATE

POWER MOOK《精神医学の基盤》について

精神医学を医療として成り立たせる基盤の本質を実地的視点から考える ……..

精神医学の基盤とは何か?
精神医学に《基盤》は存在していないかのようである。
自然科学であろうとすれば、異論が唱えられる。
反精神医学の思想は、精神医学そのものの意義を否定し、政治や思想の問題とみなした。
薬物療法の進歩が脳のメカニズムの解明にヒントを与え、今度は《基盤》の地位は薬物療法に支配された。

精神医学の基盤は、政治学となり、心理学となり、社会学となり、生物学となった。
 とすれば、今日、精神医学の知識を得ようとする人々はどこに焦点を絞ればよいのだろうか。

POWER MOOK 精神医学の基盤は、捉えどころのないこの領域の「基盤」にスポットを当てようとする。

第2期として企画された3つのアプローチは、「科学」「仮説」「エビデンス」である。
精神医学がよりどころとする基盤は、以上3つの領域を中心として成り立っている。

今日の精神科臨床に求められている「科学的知識」を各論レベルで深化させることが、《POWER MOOK 精神医学の基盤》総合テーマ:精神医学における科学的基盤の狙いである。

第2期[総合テーマ]精神医学における科学的基盤について([4]の予告記事)
【総監修】山脇成人・神庭重信 【責任編集】加藤忠史・大森哲郎・古川壽亮・川上憲人

 

Update

◆ 2021年4月刊行予定 ◆
[5]精神医学における仮説の形成と検証(大森哲郎=責任編集)

【主な内容】 メランコリー親和型とうつ病(本村啓介)/食とうつ病:リスク因子と介入法について(功刀浩)/モノアミンとうつ病:再考 モノアミン仮説はどこまで検証されているのか?(中川伸)/うつ病の神経回路仮説とニューロフィードバック(上敷領俊晴・岡田剛・高村真広・市川奈穂・岡本泰昌)/双極性障害の分類とスペクトラムをめぐる仮説と検証(仙波純一)/コラム:いつまでも仮説で良いのか(加藤忠史)/統合失調症というカテゴリー(大森哲郎)/神経発達障害仮説の形成と検証 統合失調症の臨床病期ごとの脳病態解明を目指して(笠井清登)/統合失調症ドパミン仮説からグルタミン仮説へ(西川徹)/統合失調症のゲノム研究 全ゲノム関連解析がもたらした成果と臨床応用の可能性(谷口賢・齋藤竹生・池田匡志・岩田仲生)/iPS細胞からみえる統合失調症の特徴(豊島学・原伯徳・吉川武男)/神経症の消滅とその後の展開(黒木俊秀)/不安・ストレス・セロトニン仮説(井上猛)/ASDをめぐる仮説とその検証(岡田俊)/ADHDの病態は明らかとなったか 仮説というファントム(岩波明,林若穂)/対談   精神医学における仮説の役割と現状 (石郷岡純/大森哲郎/コメンテータ:神庭重信)

既刊(発売中)

[4]精神医学の科学的基盤(加藤忠史=責任編集)
【執筆者】 加藤忠史/榊原英輔/山脇成人・神庭重信・加藤忠史・/大森哲郎・古川壽亮/久島周・尾崎紀夫/松本光之/久保健一郎/福田正裕・西山潤/河上緒/横山仁史・岡本泰昌/宗田卓史・国里愛彦・片平健太郎・沖村宰・山下祐一/平野昭吾・平川則明・平野羊嗣・鬼塚俊明/高畑圭輔/植野仙経・村井俊哉/神尾陽子/池田暁史/狩野祐人・北中淳子

[3]精神医学におけるスペクトラムの思想(責任編集=村井俊哉/村松太郎)
【執筆者】 近藤健治・池田匡志・岩田仲生/武井教使/兼本浩祐/黒木俊秀/山岸洋/深尾憲二朗/前田貴記・沖村宰・野原博/寺尾岳/大前晋/十一元三/松永寿人/永田利彦/村松太郎/冨田真幸/村井俊哉/山内俊雄/鹿島晴雄/香山リカ/岡野憲一郎/田島治

[2]うつ病診療の論理と倫理(田島治/張賢徳=責任編集)
【執筆者】 田島治・張賢徳/樋口輝彦・神庭重信・張賢徳/松浪克文/北中淳子/岩波明/張賢徳/古茶大樹/中村純/井出広幸/大坪天平/桂川修一・黒木宣夫/仙波純一/中村敬/高宮彰紘・鬼頭伸輔/竹林実/山脇成人/栗原仁/加藤正樹

[1]薬物療法を精神病理学的視点から考える(石郷岡純/加藤敏=責任編集)
【執筆者】 加藤敏/石原孝二/兼本浩祐/大野裕/福田正人/田島治/阿部隆明/越野好文/岡田 俊/萩原徹也・天野直二/鈴木國史/石郷岡純/渡邉衡一郎/稲田健/小林聡幸/村井俊哉/森田邦久/松下正明/濱中淑彦/Luc Ciompi/藤井康男・藤田潔・琉球病院多職種チーム